2016年10月12日

市村匡史先生の美深だより

10-4.jpg10-5.jpg10-6.jpg

                                市村匡史先生


226

 町内の市街部では、その冬の積雪量に応じて2回から3回排雪が行われ、除雪に伴って積み上げられていた雪が町中から排雪されますが、市街地から離れた地区ではそうした排雪は行われません。しかし、毎日の除雪に伴って、徐々に道路脇の雪の壁が厚く、高くなります。そのため、美深町では排雪を行わない地区では、排雪に替わって道路の拡幅除雪が行われます。拡幅除雪後の道路は道路幅が広がり、見通しも良くなるため、走行がとても楽になります。今年の雪灯ろう祭には、美深警察署も参加して、警察署前に地域の安全を願う雪灯ろうが作られていましたが、来年から警察機能は残るものの、警察署としては名寄市に吸収されるということなので、来年はどうなるのでしょう。

posted by tokyobifuka at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル/仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市村匡史先生の美深便りが復活しました。

パソコンで写真を送ろうとすると、トラブっていたため美深便りをなかなかお送りできませんでしたが、ようやく解決したため、これから溜まっていた分を順次お送りしていきますのでよろしくお願いします。   市村 10-1.jpg10-2.jpg10-3.jpg匡史


2016129

12月上旬までは雪が少なく、楽な冬かと思いましたが、下旬からは一転して 大雪となっています。報徳地区は美深町内でも雪の多い地区とされていますが、年明けには写真のような厚い布団をまとったような住宅が多く見られました。この住宅は自然に落下する構造の屋根なので雪下ろしの必要がありませんが、必要な住宅では例年以上の回数で雪下ろしがされています。幸いこれまで美深町内では事故の報告はありませんが、テレビでは連日のように雪下ろし中の事故が報告され、雪下ろしにおける注意点が指摘されています。札幌美深会の新年の集いでは、元美深町長の岩木実さんが昨年札幌に転居されたこと、札幌美深会の顧問に就任されたことが紹介され、お元気にご挨拶もされていました。

posted by tokyobifuka at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル/仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。